働く社員紹介

HOME» 働く社員紹介 »プロジェクトリーダー 男性①

働く社員紹介

プロジェクトリーダー 男性①

プロジェクトリーダー

どのような仕事をしてますか?
 
A 勤務は横浜の方で、いわゆるクラウドの運用しているところの監視をやっているところで
プロジェクトマネージャーをやっていて、基本的にはオペレーターの人から相談を受けたりもそうですし、大きな障害がおきたりすると、あっち側の方対応して、こっち側の方対応して、という指示を出したりするお仕事で、プロジェクトマネージャーなので、人に指示を出す側、全体を見るお仕事をしています
 

前職は?
 
A バード入る前は、ミュージシャンをやってまして、ハタチくらいから25まではドラマーとして仕事していました
音楽教室の先生やったり、バンドマンとして都内を中心に活動したりとか
2012年にはサマーソニックに出演したりとかそういったこともやったんですけれども、
純粋に僕自身ITエンジニアにすごく興味を持っていたんですよ
技術的なところも学べるし、今後これからインターネットが発展していくのであれば使える技術だと、それで仕事もできるなというところも実際のところありました
 

前職から活かせている事はありますか?
 
A ミュージシャンやってたころの能力活かせてるなと感じているのは
まさしくコミュニケーション能力というところですね
人と会話をして、色んな雑談も含め、仕事の話を含め、色んな話をしたうえで、その人の人間性だったりとか、僕自身の人間性を理解してもらって、
お互いに心を開くというか、そういうところに長けていると僕自身は思っているので、
それを活かしたマネジメントを、人はコントロールできないですけど、人とコミュニケーションとって、やりたい事を円滑に進めていくとこに、その経験が繋がっています
 
僕自身、バンド活動するイコールコミュニケーションする、人と会話することが好きなので
 
会社でもコミュニケーションする、人に好かれるという所を評価して頂いて、今マネジメントの方をさせて頂いています
 

いまの立場をどのように感じてますか?
 
A 僕自身もまだプロジェクトマネージャーになったばっかりなので、やはり経験を色々積んでいかなければいけないところもありますけれども、でも今の僕自身をちゃんと見てくれて、評価してくださって、今このポジションで仕事できているなと感じています
 
お客さんとは、チームと一緒に一丸となって一つの問題解決に取り組んでいくっていう所にやりがいを感じていて、
僕らがパソコンの前に座って色々と取り組んでいくその先に、お客さんが何千何万人といらっしゃる、それだけの人たちに貢献できるというところ、自分にとっては仕事に張り合いを感じる部分だと思っています
 

今まで挫折しそうになった事はありますか?
 
A 嫌になった事…、嫌になったことはありました
自分自身のやっぱり能力が至らなかったりとか、自分自身が毎回ここは気を付けよう、こういう風にしようと思ってなかなかできなかったところ、なかなか自分が成長しない、改善しないなという所があって、もう嫌だとなった時あったんですけど
先輩からのやさしい一言、話をしっかり聞いてくれ、サポートしてくれるので
立ち上がって前向きになれたっていうのがあります
 
非常にうちの会社は横のつながりがすごくあるので、それに救われるなと思っています
 

この会社に入って良かったと思うことは?
 
A バードネットワークスは人をしっかり見てくれる、そしてしっかりサポートしてくれる
明るく横のつながりがあり、フランクなところもあり、気持ちが楽に仕事ができるっていうんですかね、そういう人たちが集まってるなと感じる会社ですね
 

これから入ってくる人達に伝えたいことは?
 
A チャレンジ精神を忘れない事っていうのは、熱い感じになっちゃいますけど、お伝えしたいなっていう
自分がやりたい事があれば、いくらでも応えてくれるので、積極的に自分はこういう事に挑戦したい、こういう風に向かっていきたいっていうのを持ちながら仕事に取り組んでいけたらと思います
 
自分を通して、お客様からお仕事を頂くのも僕はOKだと思うし、そこから例えば、今まではITの中でもハードウエアに特化したことやっていたんだけれども、ソフトウエアの方にいってみたいとか、実はもっとプログラムとかもやってみたいとかいうのがあれば、全然やったらいいなと思います
 
しっかり話を聞いてあげて、いい所があったらしっかりそこを伸ばしていけるようにサポートしていきたいと思っています
 

自分の流儀とは?
 
A ちゃんとオンとオフをしっかり持つということが大事なところで、仕事のことを考える時間は朝9時から18時までだとか、勤務時間内だけにしよう
家に帰ったら、自分の好きな事、自分が興味あることに全部当てようとか